金容崙   japanese korean  
information
月文里にて 自然の音 九仙洞伝説 月文里の魂 テーマの陶芸 暮らしの陶芸
   
 

1250度の釜の中に薪と塩を投じると薪はあっという間に火花になり
塩を分解して、ナトリウムだけが陶器に付着する
釉薬が自然に形成される化学作用…
自然に順応する心が、つまり祈る心ではないのか


器に釉薬を塗らずに、高温の窯の中に塩を投入し釉薬の効果を表現した技法(塩釉)


No.001
21×21×20 / 17×17×16cm
No.002
33 x 33 x 30cm
No.003
21 x 21 x 23cm
No.004
22 x 22 x 17cm
No.005
29 x 29 x 23cm
No.006
26 x 26 x 37cm
No.007
No.008
No.009
36 x 36 x 26cm
No.010
30 x 30 x 26cm
No.011
No.012
No.013
No.014
No.015
No.016
   
No.017
No.018
   
     
  www.kimyongyoon.com ALL RIGHTS RESERVED.